プロフィール

ピーテル フランケン

ASEAN Financial Network (AFIN) / APIX Platform アドバイザー

略歴

フィンテックのパイオニアであり、多くの業界初のディープテックイノベーター。
金融サービス業界で30年間活動し管理、フィンテック、イノベーション、大規模なDXを専門。
シティグループ、新生銀行、アプラス、マネックス証券、マネックスグループなどの業界のリーダー、経営幹部および役員を歴任し現在はマネックスグループ(日本)、ModuleQ.AI(米国)、EmeradaCo(日本)、AFIN / APIX(シンガポール)、市民が調達した環境に関するオープンデータで絶賛されているグローバルNPO、SAFECAST.ORGにおいて活動中。
シンガポール金融庁(MAS)のInternational Technology Advisory Panel(ITAP)のメンバーでもあり、MAS(シンガポール金融庁)、IFC /世界銀行、およびABA(ASEAN Banking Association)は、アジアおよびその他の発展途上地域全体でDXを加速し、金融包摂を促進し、FinTechsと金融機関およびAPIXプラットフォームの運営者間で発生するギャップを埋めることに注力しています。
デルフト大学(オランダ)でコンピューターサイエンスの修士号を取得し、現在は慶應義塾大学(日本)の客員教授、MITメディアラボ(米国)の研究者であり、市民科学、IoT、ブロックチェーンテクノロジーの研究に貢献しています。

セッション